小ネタ等 - PS4/PS3/PSVita/Nintendo3DS/WiiU版テラリア攻略wiki

提供:PS4/PS3/PSVita/Nintendo3DS/WiiU 版テラリア攻略wiki
移動: 案内, 検索

目次

[編集] 小ネタ

壁を壊せばテレポートで中に入れるが、ゴーレムを呼び出して戦うことは出来ない。
  • ワールドの外に出たNPCモンスターは消滅する。 消えたNPCは家があれば同じ名前で再出現する。
    • 砂などの落下するブロックや液体類は、画面外に消えてもワールドの外へ出ずに手前で止まる。
  • NPCは夜の間に家が壊されても、夜が明けるまで手動で変えない限り他の家へは移動しない。
ただし家の無いNPCは、夜間でも空いている家を探そうとする。
  • 周辺の環境はプレイヤーではなく画面の位置に依存する。
そのためそうがんきょうライフルスコープなどのアイテムを使えば、プレイヤーが動かなくても環境を変えられる。
ただしゴブリンぐんだんなどの襲撃イベントでは、海や宇宙のモンスターも置き換える。
  • ブロックの高さとプレイヤーの当たり判定から計算すると、プレイヤーの身長は135~140cmである。
他のNPCやゾンビなどの人型モンスターも高さ3ブロック(1.5m)以内なので、身長が平均的に低い模様。

[編集] チュートリアル関連

チュートリアルステージは固定されたワールドで、何度やっても同じマップになる。

[編集] PS版

  • チュートリアルのワールドではデバフ以外の通常ダメージでプレイヤーが死なない
    ただしこれは一定範囲内のみで、最初の浮島から左右に離れると死亡する
  • チュートリアルが完了するまでは時間の進みが約100分の1になる
1分=100秒になるので、現実世界の時間よりも進みが遅い。
  • スポーン地点は超巨大なうき島になっており、その左端のすなの下にはダンジョンに似た場所がある
  • 右に行きまくると、ダンジョンがある。(スケルトロンと戦える)
  • うき島の下にはものすごく深い巨大な水溜りがあり、酸素ゲージが無くなってHPギリギリになってようやく足が付くくらいの深さ
  • 地下の背景には層の境界線付近に謎の黒い線が見られる
  • ハードモードにすることも可能(チュートリアルで家を完成させる手前まで進め敵がスポーンしない状態のまま右端のダンジョンを探索し宝箱からシャドウキーを入手、地底でボス用の足場を作りながらシャドウチェストを探してから家を完成させる方法が一番効率的にハードまで進められる)
    • 以前のバージョンでは祭壇が1つしかなくコバルトまでしか入手出来ながったが釣り実装により木箱からミスリル以上の鉱石やインゴットが入手可能となる。
    • ミスリルのかなとことアダマンかまどが作成可能となりハードのボスへの挑戦も出来る。ツインズのカーズ炎はスパイク十字架戦法、プランテラは浮島地下で人工ジャングルを作って対応。フィッシュロンこうしゃくはアスファルトブロックを敷いてうき島まで誘導すれば勝てる。ゴーレムはジャングルテンプル未生成の為挑戦出来ない。
    • にっしょくも起こる。
    • パンプキンムーンフロストムーンに挑める。
    • かいぞくのちずはゴブリンと同じ襲撃イベントの為か使用できない。
  • NPCはナースゴブリンのよろずやウィッチドクターは確認出来ない。

[編集] 3DS版

  • PS版のチュートリアルよりも手に入るものが豪華(こううんのおまもりや大量のもくざいなどが手に入る)
  • チュートリアルスポーン地点は超巨大な浮き島になっており、一番下にはようがんと破壊不可能のいしブロック(ヘルストーン)が敷き詰められている
  • 通常ステージでのHPが10以上のとき、チュートリアルに入って、出ると、HPが5までしか表示されなくなる(ソフトを終了するともとにもどる)
  • ワールドの上には浮島があるが、手に入るのは金のオノと木材である。

[編集] テラリアの謎

システムという概念は置いておく事とします。

[編集] ワールド系

(太陽を隠しているのは月ではないようだ)
  • 予兆もなく深夜に落ちる、大地を破壊するのではなく変質させる謎の隕石
    • 隕石の物質で構成されたと思われる金属生命体は着弾地点からではなく、その外側から出現する。
  • ワールドの端と天、底に見えない壁があり、外へ出ることができない
    • しかし、プレイヤー以外のNPCモンスターなどは通り抜けることが出来る。

[編集] NPC、プレイヤー系

  • 歳をとらないプレイヤー
    • しかし、年齢という概念はあるらしく、唯一年齢がわかっているのはドライアドでその年齢は500歳である。
  • 何度でも復活するプレイヤーと死ぬたびに別人が来るNPC
    • 他のNPCが死んでも気に留めないNPCたち。新しく来たNPCと以前までいたNPCと変わりなく接するNPCたち
  • 万能プレイヤー(銃などを普通に使っている)
  • 何故かゴブリンのよろずやメカニックは互いを気にしている
    地下の部屋で見つかる絵画(「テラリアンゴシック」)でも一緒に描かれている
「テラリアンゴシック」はただのパロディである可能性もあるが)
つりびとが子供キャラクターであるため、死亡する表現を使うとCEROやESRBのレーティングに引っかかるため)
(台詞からしてひかるキノコが成長した結果大きなキノコになるかトリュフになると思われる)

[編集] 物理、アイテム系

  • 重力の法則にとらわれないブロック
    • 砂利という不定形がブロックになっている謎
  • ようがんに触れても溶けないブロック (特にこおりブロック)
    • しかしアイテム化すると、一部の鉱石を除いたほぼ全てのブロックは溶けて消える。
  • 鉱石の固さや価値、光合成するあり得ない鉱石
  • 取り外しや取り付けが可能なのに自由に動かせる翼
  • 銃が違えば使用する弾とダメージが大きく違うはずなのに、ダメージが違う銃同士で弾の使い回しが出来てしまう。(専用弾という例外はあるが)
  • つりびとに依頼されないと釣れない釣りクエスト専用の魚。ガイドハーピーの顔をしたものなど異様なものも多い
  • プレイヤーが初遭遇する前から存在するボスの絵画。ノーマルのワールドでもハードボスの絵画がすでに存在する不思議
  • どんな食べ物もカリッと一口(マシュマロもフォーも同じ歯ごたえ)
  • ワールドを超えてアイテムを共有するきんこちょきんばこ

[編集] モンスター、戦闘系

(クトゥルフ→[2]が元ネタだと思われるので、おそらく完全体は、「Moon Lord」→[3]に近い容姿かも知れない。)

スポンサード リンク

スポンサードリンク
個人用ツール